イーモリジュ

18部位から選べる脱毛
18部位から選べる脱毛
このエントリーをはてなブックマークに追加

イーモリジュ

イーモリジュはイーモという脱毛器の後継機で、旧機種より機能を強化してトリプルショットができるフラッシュ脱毛器として人気がありました。
同梱の美顔用カートリッジを使えば美顔器としても使え、脱毛器としても1つのカートリッジで約1万8000回も照射できるなど、驚異のハイパフォーマンス機種です。
おまけにカートリッジ価格は旧モデルと同じ据え置き価格。
チャージ時間も3秒と、トップクラスとして通用するレベルなので、自己処理にかかる時間が短くて済むようになりました。
ただ、イーモリジュよりあとに発売されたケノンのほうが人気がありますね。
もし、医療脱毛を選択すると脱毛サロン、エステに比べて施術してもらう日数が少なくて済みます。
どの程度で満足するかによっても変わりますが、通常であれば6回ほど通えば満足感があるということです。
単発の施術よりも複数回まとめての施術の方が安くなる場合が多いため、まずは6回で契約してみるようにしましょう。
家庭用脱毛器を使って自己処理したあと、皮膚が赤くなることがあります。
こすらないようにして、早めに風をあてたり水などで冷やすと症状はおさまってくるでしょう。
説明書にもありますが、脱毛後のお肌が赤くなるのは炎症のせいですので、症状が出ている部分を清潔に保ち、汗をかかないように気をつけ、保冷することが大切です。
もし、冷やしても症状がひかないときは、皮膚科を受診しましょう。
化膿したり、乾燥してひび割れてきたり、悪化してきた場合は、放っておいたり、市販薬などに頼らず、専門医に診てもらうべきです。
いくら医療脱毛だからといって、施術してもらうときは、事前に処理しておくべきです。
生えすぎた状態のままでは一般的には施術してもらえませんので、長さの目安はカウンセリングの指定事項を参考に処理することが大切でしょう。
施術の前日には行わず、処理を何日か前にすれば、お肌のトラブルが施術した後に発症しづらくなるかもしれません。
無駄毛の脱毛をシェーバーで行うと、すぐにできますし、あまり肌への負担はかかりません。
脱毛サロンなどで施術を受ける前の自己処理でも、炎症を起こしにくい電気シェーバーで、と助言されることが多いと思います。
ですが、ほんのちょっとも肌にダメージを与えないというわけではないので、アフターケアはきっちりとやってください。
出荷台数が多かったり、人気の高い脱毛器を買ったからといって、一番効果が得られるとは言えません。
有名メーカーでは知名度の高い人をイメージモデルとして採用しますし、芸能人に口コミを書いてもらうことあります。
そのようにして売上増を狙っている脱毛器具もありますが、メーカーに関係がないところのレビューを見ると、反動もあってか、けっこうひどい評価を得ていることも多々あります。
選ぶなら、知名度や販売台数ではなく、効果優先で選ぶことが大切です。
よく確認しないで購入すると、あとでがっかりすることになってしまうでしょう。
ムダ毛処理後のアフターケアは毎日しっかり続けましょう。
脱毛した箇所を保湿します。
脱毛後、周りの肌は乾燥を防ぐケアが必要です。
肌の乾燥は様々なトラブルの元になりますから、保湿は普段よりもしっかり行いましょう。
それと、脱毛処理をしたところは紫外線が刺激になります。
衣服やストールで避けるようにしましょう。
脱毛したところは雑菌感染を避けてください。
温泉や岩盤浴など、しばらくは控えましょう。
センスエピはイスラエルの美容技術者が開発したフラッシュタイプの家庭用脱毛器です。
これひとつで5万発照射可能で、カートリッジ交換が不要のため初期コストだけで済む点が特徴です。
気になる出力調整は、5段階。
そのときのお肌や体調にあわせて無理なく使用でき、顔から首筋、うなじまで、微妙に肌の濃淡が違うところも最適かつ安全に脱毛できます。
シリーズ中もっともコンパクトなセンスエピGのクチコミを見ると、本体のサイズ・軽さ・スイッチの位置などは使いやすく、丸みを帯びた形状でホールドしやすいため、落としてしまうこともなく、脱毛しやすい形状が評価されていますが、照射面積が小さいため、大きなヘッドで短時間で処理するような商品と比べるとあきらかに、広い面積のムダ毛の処理は時間をかけなければなりません。
いちばん小さなセンスエピGは1万円台と、価格帯としては低いほうの部類ですので、用途を限っていえばそれなりの評価が得られる製品だと言えるでしょう。
家庭で脱毛をするときに使用する脱毛器は、種類が様々なので、自分がどういった脱毛方法が好きなのか考えて選ぶのがいいですね。
中には顔のうぶ毛やVラインなどのアンダーヘアを処理できる脱毛器があったり、お顔をきれいに整える効果もある商品もあります。
小さく軽いものから大きくて重いものまで色々ですし、充電式タイプから電池を使用するタイプなどもありますが、じっくり納得するまで脱毛したい!という人はコンセントタイプの直接充電できるタイプがいいですね。
アンダーヘアの自己処理に使う脱毛器を探しているのであれば、ユーザーレビューだけではなく、メーカー仕様をよく確認して、アンダーヘア脱毛対応機種を購入しなければなりません。
アンダーヘア脱毛できない脱毛器でムリに脱毛すると、火傷を伴う事例が報告されていますし、炎症を起こすこともあります。
炎症を起こした肌はそれ以外の方法で脱毛しようとしても、ダメージが治るまでは施術できませんので、メーカーが推奨している用途以外での使用は避けなければいけません。
では、アンダーヘア対応機種の中でおすすめは何かというと、出力がコントロールできるものです。
好みで調整できるので、細かな部位や体調による痛みをある程度抑えることができて、使いやすいでしょう。